テスラ、上海に米国外で初の電気自動車工場を建設へ。年間50万台の生産を目指す

4pt   2018-07-11 12:10
IT速報

0647b419-s.png

米電気自動車大手テスラは、中国の上海にアメリカ国外では初となる工場を建設することで、地元当局と合意した。

テスラと上海当局の発表文によりますと、新工場は研究開発や生産、販売の拠点と位置付けられ、年間50万台の電気自動車の生産を目指します。テスラが、アメリカ国外に工場を建設するのは初めてです。

世界最大の自動車市場である中国において、電気自動車部門は急成長していて、テスラにとって重要な市場であるほか、中国側が海外の自動車メーカーの出資規制を撤廃したことも工場建設への追い風となりました…
続きはソース元で
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   ITアンテナトップページへ
情報処理/ITの話題が沢山。