JDI社長「車載ディスプレー事業を強化し、スマホ向けパネル依存からの脱却を目指す」

4pt   2018-07-11 13:40
IT速報

6c2513ff.png

経営再建中のジャパンディスプレイの月崎義幸社長(58)が9日、共同通信のインタビューに応じ、需要増が見込める車載ディスプレー事業を強化することで、スマートフォン向けパネルに依存する体質からの脱却を目指すと述べた。

現在はスマホ向け事業が売上高の約8割を占めるが、価格低下が響いて2018年3月期まで純損益が4期連続の赤字に陥っており、月崎氏は「21年ごろにはスマホ以外の売上高を約45~50%まで高めたい」と述べた。

車載向け事業は、自動運転技術の進展などを追い風に成長が期待できる。石川工場(石川県川北町)、鳥取工場(鳥取市)に加え、茂原工場(千葉県茂原市)でも車載ディスプレーの生産を行う方針を明らかにした。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   ITアンテナトップページへ
情報処理/ITの話題が沢山。