総務省、NHKのネット同時配信容認へ。公共放送から「公共メディア」への脱皮を目指す

8pt   2018-07-12 07:35
IT速報

92b5a8db.jpg

NHKがテレビ番組を放送と同時にインターネットで配信することについて、総務省が容認する方針を固めたという。

NHKは2019年度中に総合、教育2チャンネルの配信を始める意向。公共放送から「公共メディア」への脱皮を目指しており、肥大化を懸念する声も出そうだ。

NHKによる常時同時配信は民業圧迫などを理由に放送法で禁じられてきたが、スマートフォンの普及をはじめ視聴環境の変化に対応する。総務省は13日の有識者検討会で審議する報告書案にこの方針を盛り込み、19年の通常国会に同法改正案を提出する構えだ。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   ITアンテナトップページへ
情報処理/ITの話題が沢山。