三井住友銀行、磁気不良のキャッシュカードをATMで自動修復するサービスを開始

9pt   2018-07-12 16:40
IT速報

69812270-s.png

三井住友銀行は、キャッシュカードの磁気不良をATMで自動修復するサービスを始めた。

ICチップが付いたキャッシュカードが対象で、三井住友銀の全ATM約5700台で始める。

キャッシュカードは磁石の近くに置くなど、使い方次第で磁気不良を起こすことがある。磁気不良を起こしたカードは読み取れなくなるため、従来は再発行の手続きが必要だった。今後は、ATMが読み込んだカードの不良を検知すると、10~20秒で内部で自動的に修復する。修復するのは、ATMで残高照会か引き出しの操作を選んだ時となる。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   ITアンテナトップページへ
情報処理/ITの話題が沢山。