サムスン、「Galaxy Watch」を発表。LTE通信機能と長時間駆動可能なバッテリー搭載

1pt   2018-08-10 09:06
IT速報

577aaf02-s.png

サムスンは、新型スマートウォッチ「Galaxy Watch」を発表した。LTE通信機能と長時間駆動可能なバッテリーなどが特徴。

ニューヨークで開催中のサムスンのイベントGalaxy Unpackedより。Galaxy Note9が発表されたGalaxyシリーズスペシャルイベントでは、新型スマートウォッチとして、ウワサのGalaxy Watchも発表されました。円形ベゼルを採用し、42mmと46mmの2サイズをラインナップします。

予め用意されるウォッチフェイスデザインはなんろ6万種類。軍用グレードの耐久性を備え、風防にはゴリラガラスを採用しました。また防水機能も備えます。とはいえ、これらはすべてGear Sportが備えている特徴とかぶるものばかり。Galaxy Watchの特徴は、LTE通信機能を備えるところと、長時間駆動可能なバッテリーだと、サムスンのマーケティング担当シニアディレクターのElina Vives氏は説明します…
続きはソース元で
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   ITアンテナトップページへ
情報処理/ITの話題が沢山。