東芝、最終利益1兆円超を達成も営業益は9割減。半導体メモリーに代わる稼ぎ頭の育成が焦点

3pt   2018-08-10 10:40
IT速報

257a744b.jpg

東芝の4~6月期の営業利益は前年同期比94・5%減の7億円どまりで、半導体メモリーに代わる稼ぎ頭の不在が改めて浮き彫りになったという。

東芝の4~6月期の最終利益が1兆円超となったのは、半導体子会社だった東芝メモリの売却益ですべての説明がつく。実際、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比94・5%減の7億円どまりで、従来、営業利益の9割を稼いだ半導体メモリーに代わる“稼ぎ頭”の不在が改めて浮き彫りになった。11月に公表する中期経営計画で、新たな成長事業をどう打ち出せるかが、最大の焦点となる。

低収益に甘んじるのは、東芝の収益構造が半導体メモリー事業に過度に依存していたためで、11月公表の中期計画では、てこ入れのための収益力強化策と事業別戦略を打ち出す考え…
続きはソース元で
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   ITアンテナトップページへ
情報処理/ITの話題が沢山。