必要最小限でRaspberry PiにJupyter (Python3)をInstallする方法(2018-08-10)

0pt   2018-08-10 14:37
IT技術情報局

はじめに

Raspberry PiにTensorFlowを入れてみたけど、公式のチュートリアルはJupyter前提だったので、Jupyterも入れることにした。
どうも、Jupyterをインストールする方法がいろいろあって、どれが最新なのかわからなかったので、できるだけ最小限で自分なりにインストールしてみた。たぶん今現在(2018-08-10)一番シンプルな方法。

Install sudo apt-get update sudo apt-get install python3 python3-dev build-essential python-pip sudo pip3 install --upgrade pip sudo pip3 install jupyter

入ってたら、無視してくれるからとりあえず、全部打ってみたけど、
pip使ってる人は
sudo pip3 install jupyter
だけでいいのかも。

設定

作業ディレクトリと設定ファイルを作る。
コマンド打ったら、.jupyter/jupyter_notebook_config.py作ってくれる。

mkdir ~/notebooks jupyter notebook --generate-config

設定ファイルは最低限こんな感じ。
はじめ、ipのところを設定しなかったら、同じローカルネットワークの他のPCから接続できなかった。

.jupyter/jupyter_notebook_config.py c.NotebookApp.ip = '0.0.0.0' c.NotebookApp.notebook_dir = '/home/pi/notebooks' c.NotebookApp.port = 8888

次に、パスワードの設定。入力すれば勝手にうまいことやってくれる。

pi@raspberrypi:~ $ jupyter notebook password Enter password: Verify password: [NotebookPasswordApp] Wrote hashed password to /home/pi/.jupyter/jupyter_notebook_config.json 動作確認

ログインできた。

68747470733a2f2f71696974612d696d6167652d

おわりに

調べると、なんか複雑な方法ばっかり出て来るので、自分なりに解釈してやってみた。
やってみたら、すごく簡単やった。Jupyterの仕様がどんどん変わってるんから、最新の方法がわからんかったんかな?動かしてくうちに、もっと複雑な設定せなあかんくなるんかな。とりあえず、入ったからよかった。

参考

HeadlessなRaspberry Pi 3でJupyter notebookを自動起動させてOpenCVを使うまで – Qiita
いるかのボックス: Raspberry PiをJupyter Notebookサーバにする
kleinee/jns: jupyter notebook and lab on Raspberry Pi
Jupyter Notebookをインストール・設定して勉強ノート作成環境をつくる [Mac] – Qiita
jupyter notebook で外部からの接続を許可する – Qiita

Source: python tag

   ITアンテナトップページへ
情報処理/ITの話題が沢山。