【Rails基礎】自動でrubyのプログラムを読み込ませる

1pt   2018-09-15 08:23
IT技術情報局

rubyでは require を使ってプログラムを読み込ませます。

でも、毎回 require を書くのはめんどくさいですよね。

users_controller.rb require "app/models/user.rb" require "app/controllers/application_controller.rb" class UsersController < ApplicationController def index @user = User.all end ...
Rails には、このめんどくささを解消する「プログラムの自動読み込み」という機能があります。
自動読み込みの概要
  • ファイルをクラス(またはモジュール)単位で分ける
  • クラスの名前と、ファイル名を対応させる
  • すると、Railsがクラス名からファイル名を推測し、勝手に require してくれる

命名規則

クラス名の先頭の大文字を小文字にする

user.rb class User ... end

命名規則

クラス名の途中に大文字があったら、小文字に変えてアンダーバーで区切る

application_controller.rb class ApplicationController ... end

命名規則

クラス(またはモジュール)がネストされているなら、ネストに応じたフォルダにファイルを置く。

sample/users_controller.rb module Sample class UsersController ... end end

まとめ

  • Rails には「自動読み込み」という、勝手に require してくれる機能がある。
  • この機能を利用するため、Railsでは、クラス(またはモジュール)ごとにファイルを分け、クラス名にちなんだファイル名をつける必要がある。

Source: rails tag

   ITアンテナトップページへ
情報処理/ITの話題が沢山。