Apple信者、Macはもう買わないと別れを決意

3pt   2018-12-06 20:58
IT速報

8b55fe38-s.png

Apple信者のコラムが話題。MacBook AirやMacBook ProがT2チップを採用したことにより、分解しての修理やパーツ交換がほぼ不可能となり、アップデートには高額な費用がかかることとなった。このため、Appleと決別することにしたという。

筆者はただのアップル好きではなかった。アップル信者だった。

筆者の最初のコンピュータはマッキントッシュ 512Ke、筆者が生まれた年(1986年)に発表された機種だ。それ以来、ずっとアップルのコンピュータを使っている。

筆者は5年生の時、カッとなったあまり教室から追い出されたことがある。先生が何とスティーブ・ジョブズとビル・ゲイツが一緒にMacを作ったと言ったからだ。今思えば恥ずかしいくらいにアップルに入れ込んでいた(遅ればせながら、そんな筆者に耐えていた人たちに謝りたい)。

だから、アップルのコンピューターをもう使わないと口にすると、教会に行かないと決めたような気持ちになる。だが、筆者はそう決めた。

修理する権利 …
続きはソース元で
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   ITアンテナトップページへ
情報処理/ITの話題が沢山。