iPhone販売不振でApple社内で進む「緊急プロジェクト」、関係者が告白

2pt   2018-12-07 11:01
IT速報

11531ad6-s.png

iPhoneの売上不振に直面するアップルだが、社内では売上回復に向けたプロジェクトが始動したという。

ブルームバーグのMark Gurman記者は先日の記事で、アップルがiPhoneの売上増を狙い、通信キャリアへの補助金を増額し、最大で300ドルの割り引きとなる旧型端末の下取りプログラムを開始したと報告した。

アップル社内では10月以降、マーケティング担当者の配置転換も行われ、売上回復に向けたプロジェクトが始動したという。この動きが始まったのは、iPhone XSが発売されてから約1カ月の頃で、iPhone XRが市場に投入されるタイミングだったと、内部事情に詳しい関係者は述べている。

Gurmanによると、この人物は匿名を条件に取材に応じたが、社内の状況を描写するにあたりfire drill(火災訓練。緊急の仕事の意味も)という用語を用いたという。さらに、売上が当初の想定を下回っていることを認めたという。

11月28日、アップルは米国で旧型機種の下取りと引き換えに、大幅な値引きを行うプログラムを始動させた。iPhone8の場合は…
続きはソース元で
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   ITアンテナトップページへ
情報処理/ITの話題が沢山。