「Python」の人気、今がピークか。存亡の危機に直面するとの声も

4pt   2019-08-18 21:18
IT速報

f7232f76-s.jpg

「Python」は、近いうちに世界で最も人気の高いプログラミング言語になるという予測もあるが、その一方で成長を疑問視する声も出ているという。

一方で、何百万という人々が日常的にPythonを使用しており、ユーザー数の急増傾向が収まる気配はないものの、成長の持続可能性には疑問がある。

最新の「Python Language Summit」では、モバイルや新しいウェブプラットフォームのサポートが改善されない限り、Pythonが「存在の危機」に直面すると警鐘を鳴らした。Pythonはまた、他の言語の場合と比べて非開発者向けアプリのパッケージ化をより困難にしている。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   ITアンテナトップページへ
情報処理/ITの話題が沢山。